審美歯科・ホワイトニング

ホワイトニング

人の第一印象を決める笑顔。
そのポイントの一つが白い歯。
口元を明るくすると表情が変わり、ニコッと歯を見せて笑えるようになります。

ホワトニングとは、加齢や生活習慣などが原因で黄ばんでしまった歯を薬剤を使って漂白し、自分の歯が持つ本来の色よりも白く明るくすることを目的とした治療法です。

ホワトニングには、オフィスホワトニングとホームホワトニングがあり、患者様のご希望に合った方法で行っていきます。

審美歯科・ホワイトニング

ホワイトニング

オフィスホワイト二ング

歯科医院で行うホワトニングです。
ホワトニングしたい歯の表面に漂白用薬剤を塗り特殊な光を照射して漂白する方法です。
処置後、すぐに白くなるのが特徴です。
高濃度の薬剤を短時間に反応させて漂白するため、ホームホワトニングより知覚過敏を起こしやすかったり、透明感が損なわれ、光沢のない白い歯になることもあります。

ホームホワイトニング

ご自宅で行うホワトニングです。
歯科医院でレクチャーを受け、漂白用薬剤と専用のホワトニングトレーを使い、ご自身で漂白を行っていただく方法です。
漂白用薬剤は低濃度のものを使用し、時間をかけて漂白していきます(2~3週間)。
知覚過敏を起こすこともありますが、徐々に白くしていくため、歯の透明感を損なうことなく、自然な白さに仕上がるのが特徴です。

一度ホワトニングをすれば、その白さを生涯保てるわけではありません。
一般的にはオフィスホワトニングは約半年間位、ホームホワトニングは約1年間位その白さを保つことができます。

効果の持続期間は、食べ物や嗜好品など、生活習慣によっても異なります。
白さを保つためにも、普段の歯磨きはもちろんですが、定期的に歯科医院で歯のクリーニングも重要です。

before

after

審美歯科

一般的に虫歯や歯周病、歯への詰め物、被せ物、入れ歯などを保険内の材料や方法で口や歯の機能を回復させる治療を一般歯科治療と言います。

一方、審美的歯科治療は、機能回復はもちろんのこと、見た目の美しさをも重視するため、保険適用ではない材料や方法を用いて、全体の歯のバランスや口元との調和までを考えた治療です。

審美歯科の治療内容

歯列矯正 歯を動かし、歯並びをきれいにします。
歯冠修復 歯を削ったあとに使用する詰め物や被せ物を目立たなくさせるため、全体と調和のとれた色や素材を用い行います。
歯の漂白 ホワイト二ング
薬を用いて歯をより白くしま す。
入れ歯(ノンクラスプ・デンチャー) 金属のバネを使用しない入れ歯で、口元が見えた時に入れ歯であることが目立ちにくい素材を用います。
インプラント

インプラント

審美歯科治療は保険適用外のケースが多くなります。そのため治療費が高額になることもあります。
治療の内容や方法、治療にかかる回数、期間、治療費などのメリット、デメリットを含め、しっかりと事前に説明させていただき、患者様にご納得していただいた上で治療を行っていきます。
どうぞお気軽にご相談ください。

before

時間経過により、金属が露出して隙間が黒く見えます。

after

オールセラミックは金属を使っていないので、隙間から金属が見えることがなく、ご自分の歯とほとんど見分けがつきません。